PROJECT

地域活性化プロジェクト

地方創生ーこの言葉が叫ばれるようになったのは、さかのぼること2015年のこと。ステッチでは以前より進めていた社会課題解決プロジェクトの一環として、茨城県かすみがうら市で「サイクリングプログラム」の開発に参画したことから地域活性化プロジェクトが始まりました。

しかしながら、地域の方々と関わるうちに、我々は気づきました。突発的なイベントだけでは、一時的な盛り上がりにしかならない。持続的に、地域活性・地域価値創造を図るには、そこに生きる人々と共に生き、共に歩み、共にあがきながら、 進めなければならない。こうして、想いを共通する自治体・銀行と共に“地域”の未来をつくるカンパニーが誕生いたしました。「かすみがうら未来づくりカンパニー」は、ステッチ・茨城県かすみがうら市・筑波銀行。
「信州未来づくりカンパニー」は、ステッチ・長野銀行により設立しております。

かすみがうら未来づくりカンパニー

かすみがうら未来づくりカンパニー

サイクリングプログラム、レストラン、マルシェ、6次産業、の4事業を通してかすみがうら市の魅力を体験いただきながら、新たな地域価値の創造を目指します。

かすみマルシェオンラインストア

かすみマルシェオンラインストア

かすみマルシェが目利きした商品やオリジナル商品を販売しているオンラインストアです。
そこに暮らす人々に寄り添いながら、その土地に根ざしたいいモノを発信しています。

信州未来づくりカンパニー

信州未来づくりカンパニー

豊かな山々に囲まれた信州ならではの、人々の暮らしや食、歴史・文化、自然との共生等、信州の魅力を実感できる“体験のデザイン”を通じて、新たな地域の価値創造に取り組んでいます。

社会課題プロジェクト

社会問題の解決と利益の創出は両立する。
経営学者のマイケル・ポーターがCSVの概念で、そう提唱したのは、2011年。当時日本では、CSRの考え方の元、Responsibility、まさに責任として社会課題の解決を行っていました。ポーターが提唱したCSVは、社会課題を解決しながら、利益を創出することが次世代の会社が成功する方法であり、今までにない視点でのアプローチでした。そこで私たちはふと考えました。キャンペーンや商品のための広告をつくること。それはもちろん大切なことですが、それだけではなく、広告をつくることで培われた、私たちのクリエイティブの力を、社会課題の解決に活かせるのではないか。

そしてそれは、会社としての経済的な利益、つまりは成功につながるのではないか、と考えるに至り、社会課題をクリエイティブの力で解決するプロジェクトを展開しています。社会のためだけでもなく、自社のためだけでもなく、双方のためになる、持続可能な仕事を。

ココシニア

ココシニア

高齢者向け住宅施設の紹介を通して、老後の幸せをつくるサービスです。AIで入居者さまの性格や趣味などから、入居者様それぞれを深く理解し、入居後に幸せに暮らせるような老人ホーム・介護施設をご紹介。入居後もアンケートを通して幸福感と、幸福感が上がった・下がった要因を分析してレポーティングすることで幸せな老後をつくります。

みまもりレシート

みまもりレシート

いざという時に役立つ防災情報を裏面に印刷したレシートです。目に触れる機会が多いにも関わらず、捨ててしまうなど、有効活用されていないレシートの非効率性に着目し、企画・開発。有効活用されていない余った場所に防災情報を掲載することで、もしもに備える“ちいさな防災”につなげます。

AIプロジェクト

1997年に設立したステッチは、1990年代後半に普及したインターネットを社会環境の変化と捉え、当初より企業のWEBによる情報配信を進めてきました。
デジタル技術の更なる進化により、現在起きている「第四次産業革命」であるデジタル革命を社会環境変化と捉え、クライアント企業のデジタル技術による変革・成長の道しるべになるように自ら変革し推進しております。そして、社会課題解決に寄与できると確信しております。2018年より「一般社団法人日本ディープラーニング協会」に賛助会員として参加するなど、AI・ディープラーニングに関するプロジェクトに参画、情報収集を行い、日本の産業競争力に寄与できるように進めております。

また、同年アパレル系上場会社の子会社に出資し共同でアパレル業界のAIを推進、2019年には「AIオートコーディング」システムを開発、2020年には介護施設マッチングAI「ココシニア」を開発・リリース、「AIを活用した現在位置サービス」や「商業施設向け混雑予測・順番待ちサービス」のリリース、AI開発ベンダーへの出資も行っております。

JDLA

JDLA

​ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指し設立した団体で、理事長は松尾 豊氏。弊社はGOLD賛助会員の一社として参画しています。​

ココシニア

ココシニア

1,000件を超える実際の入居者のデータから、入居者にもっとも合う施設の雰囲気を分析してAIを構築。「入居者が普段家にいたときの格好」と「施設における他の入居者の日中の格好」が近いほど入居後の幸福度が高まる、などの結果を得た。AIレコメンドエンジンが提示する「幸せになる傾向が高いと想定される施設」の「正解率」は75%。

otototone(オトトトン)

otototone(オトトトン)

オトトトンは世界に溢れる音に興味を持たせて気づきを与え、音に対する意識を変えるアプリです。音をアプリ上で録音することで、音量・音高・時間などの音の構成要素から、60種類を超えるキャラクターを生成します。

プライバシーマーク

プライバシーマーク制度に基づき、個人情報を保護しております。
プライバシーポリシー